トップ < クラブ紹介 < メッセージ

クラブ紹介

監督・主将メッセージ

部長メッセージ

部長 竹廣良司 同志社大学体育会バドミントン部の公式ホームページが完成し、部長といたしましても大変嬉しく感じております。
このホームページが、部を支える現役の学生にとっては情報共有や自らの活動を発信する場として、かつてバドミントン部で活躍されたOB・OGの皆さんには今の部の活動についていつでも見に来ていただける場として、中学・高校で日々バドミントンに打ち込みながら大学進学を目指す生徒の皆さんにとっては、将来の希望を見出せる場として、活用いただけるものとなりますことを心より期待しております。
また、受験を控えられた生徒のご家族、進路指導の先生方にはこのホームページで大学スポーツのすばらしさを知っていただくとともに、本学への大学進学にもご関心を持っていただき、お子様がたに本学への進学を進めていただけましたら幸いです。

校祖の新島襄は強い信念を抱き、私学同志社を設立しました。建学の精神の一つである、自治自立の精神は、激動の時代を生きる学生に望んだことでありますが、現代においてもなお、最も必要なことのように思われます。学生時代という自由な時間だからこそ、主体的に考え、判断し、自分を律しながら、着実に前に進むことの大切さを実感できることは重要です。

こうした観点で大学での学びについて考えると、正課教育も確かに重要ですが、人間的成長のためには課外活動での学びが欠かせません。
バドミントン部においてもその活動を通じ、部としての目標を全員が志向しつつ、各自が主体的かつ地道に取り組むことにより、部の活動が充実するだけでなく、そこに参加する学生ひとりひとりにとってもかけがえのない時間となるものと確信しています。

このホームページを通じて、ますます同志社大学体育会バドミントン部に関心をお持ちいただける方が増えることを願っております。

同志社大学体育会バドミントン部部長(経済学部教授)
竹 廣  良 司

副部長メッセージ

副部長 伊藤顕矢 2020年度より、同志社大学体育会バドミントン部副部長に就任いたしました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
副部長の役割として、部長をサポートすることはもちろんですが、部員たちへのアドバイスやコミュニケーションについても、体育会バドミントン部の一員としての部活動のみならず、同志社大学の学生としての学生生活においても、個々の学生の求めに応じてサポートすることができればと考えております。

自らの意思で同志社大学へ入学し、同志社大学体育会バドミントン部の門を叩く部員たちには、学生生活の四年間を同志社大学の学生として、また、同志社大学バドミントン部の部員として、人生を振り返った時にかけがえのない貴重な時間を過ごせて良かったと思えるような学生生活を過ごしてくれることを願っています。

創立者 新島襄の言葉に「鋭ヲ養ナイ、胆力ヲ練リ、勇気ヲ蓄へよ」という言葉があります。どんな時でも、気迫や意気込みを持ち、物事に動じないように精神力を鍛え、勇気を持って立ち向かうことのできる学生たちの活躍を期待しています。

副部長
伊 藤  顕 矢

監督メッセージ

監督 西山 智 このたび、創部70年の伝統を誇る同志社大学体育会バドミントン部監督に就任し、身の引き締まる思いです。男子は数年前に関西学生リーグ優勝を成し遂げましたが、基礎基本の重視、体力強化に力を入れ、関西学生リーグ優勝をねらえる強い同志社大学バドミントン部の再構築を目指します。
大学では高校までと違い、自ら考え行動する自主自立の精神を養い、バドミントンと学業を両立させてほしいと思います。卒業後は知徳体そろった同志社人=社会人になれるようサポートしていきます。部員それぞれが濃い4年間を過ごし仲間を増やしてほしいと思います。

同志社大学体育会バドミントン部
監 督  西 山   智


女子監督メッセージ

女子監督 村尾 勉 このたび、20数余年に亘った監督の任を退くことになりました。引き続き女子部監督として現場に留まり、悲願である関西学生リーグ優勝(女子部)に向けて現役選手を支援してまいります。
女子部においては、2010年に初の1部昇格を果たし、その後、2012年より降格することなく1部に残留、2014年秋季リーグと2018年春季リーグの2回、準優勝まで辿り着きましたが、未だ優勝を経験しておりません。部を取り巻く環境は依然として厳しい状況にありますが、それらを乗り越え、選手達の強い意志に基づく自主自立的な取組みを応援いたします。

同志社大学体育会バドミントン部
女子監督  村 尾   勉


女子コーチ メッセージ

女子コーチ 伊佐 俊彦 このたび、同志社大学体育会バドミントン部女子コーチに就任いたしました。就任にあたりまして、選手たちにとってバドミントン部での活動がより実りあるものとなり、競技力だけでなく人間力の向上につながるものとなるよう、できる限りの支援をしていく所存です。
選手たちには、一人ひとりの主体的かつ目標に向けた質の高い取り組みを期待しています。また、部活動でのかけがえのない経験を糧に、社会で活躍できる同志社人へと成長してくれることを心から願っております。
女子部の悲願である関西学生リーグ優勝・インカレでの上位進出を目標に、選手と共に精進してまいります。

同志社大学体育会バドミントン部
女子コーチ  伊 佐 俊 彦


主将メッセージ

男子キャプテン

男子キャプテン 大屋 亮悟

今年度、男子バドミントン部主将を務める商学部3回生の大屋亮悟です。
今年の目標は関西リーグ優勝・西日本優勝・インカレベスト8です。目標達成のために、チームの一人ひとりが意識を高く持ち日々の練習に取り組んでいます。コートの中はもちろん、コートの外でも人としての人間性を意識し、心の成長を目指しています。
いまの私たちにバドミントンを全力で向き合える環境を与えてくれている全ての方々に感謝し、頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。


女子キャプテン

女子キャプテン 長丸 彩由子

今年度女子バドミントン部主将を務めます、文化情報学部4回生の長丸彩由子です。
今年は関西リーグ優勝、インカレベスト8以上を目指しています。そのために日々、チーム全員が意識を高く持ち、練習に励んでいます。
OB、OGの方々をはじめ、親や仲間、私たちのバドミントン人生を支えてくださった全ての人たちへの感謝の気持ちを忘れず、これからもバドミントンに真摯に向き合い、努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします!


同志社大学体育会バドミントン部役職者

部 長 竹廣 良司 (経済学部教授)
副部長 伊藤 顕矢 (1989年経済学部卒・同志社大学職員)
監 督 西山 智 (2008年経済学部卒)
女子監督 村尾 勉 (1984年文学部卒)
女子コーチ 伊佐 俊彦 (2011年経済学部卒)