トップ < 新着情報 < 詳細

試合予定

新着情報

2024.06.06(木)

標記大会最終日、準決・決勝が大山崎町体育館で開催され、女子ダブルスAで播摩・東組が、
見事優勝を成し遂げました。
播摩は、2022年同大会で東と組んでダブルス準優勝、2023年は藤本(2024年スポ健卒)と
組んで優勝しており、昨年の藤本に続くWDA 2連覇となりました。また、同志社大学(女子)
として、関西選手権女子ダブルス3連覇を達成しました。
準決勝は、昨年インカレ女子ダブルスで優勝した龍谷大ペアに2-0 で勝利、決勝では関西学院大学
ペアと対戦、1セット目を先取されるも、2セット目は攻撃のリズムを取り戻して圧勝、
ファイナルゲームは中盤に追いつかれ拮抗した苦しい試合展開となりましたが、
最後まで集中力を切らさず、勝ち切ることができました。
春のリーグ戦では、故障者が続出し4位に終わり、少なからず意気消沈した雰囲気となりましたが、
夏の大会に向けて、チームの重い空気が払拭されるのではないかと期待しています。
 
女子監督 村尾 勉
 
 
▼女子ダブルスA優勝 播磨(左)・東(右)
 
▼男子ダブルスB優勝 津村(左)・川畑(右)
 
 
▼男子シングルスB優勝 北川(左)  準優勝 川畑(右)

«前の記事へ 次の記事へ»